アーカイブ:2019年 5月

  1. 冷間圧造の金型の構造に関する詳細

    1・金型設計の流れ圧造製品形状の決定圧造が出来る限界を把握し、製品形状の決定をします。工程レイアウトの決定線材径を選定し、工程数・加工機械の選択します。また、工程間クリアランスの決定もします。加工方法の選択工程レイアウトを元にして加工方法を選択します。

  2. 高精度圧造品の問題点とその解決方法

    ヘッダーの冷間圧造からねじ成型は始まりましたが、多くのネジメーカーは今ホーマーによって自動車パーツやネジ付きの部品を生産しています。塑性加工を用いてのパーツ成型は経済性の良さ、品質・強度の高さで切削加工から無切削への流れが大きくなっています。

  3. 冷間鍛造の基礎

    冷間鍛造の基礎知識 鍛造までの流れ 鍛造方法の作業温度による種類 鍛造方法の種類鍛造までの流れ取引先より注文を受けて金型の試作品を作ります。取引先に出来上がった試作品を持って行き検討していただきます。

ページ上部へ戻る