冷間圧造

  1. 冷間鍛造(圧造)金型のコストの抑え方

    「金型のコストの抑え方」冷間鍛造や冷間圧造で量産活動を行う際に気になるのが金型のコストですよね。今回は金型のコストの抑え方について考え方や手法をまとめて行きたいと思います。金型のコストを抑える為の考え方は試作段階の案件と量産案件とで大きく変わります。

  2. 冷間鍛造と熱間鍛造の違いとそれぞれのメリット・デメリット

    鍛造は大きく冷間鍛造と熱間鍛造に大別されます。今回はそれぞれのメリット・デメリットについてまとめてみたいと思います。熱間鍛造のメリット・デメリットメリット・メリット1金型価格を抑えられます。超硬合金を金型に使用しない為イニシャルコストが圧倒的に安く済みます。

  3. 冷間圧造金型(冷間鍛造金型)設計の流れについて

    冷間圧造金型(冷間鍛造金型)設計の流れについて圧造製品形状の検討最終完成図面に適した圧造形状や狙い値を決定をします。メッキ、切削、ローリングなどの後加工があればそちらも考慮して決定する必要があります。

  4. パーツフォーマー部品の成形について考えてみました

     【パーツフォーマ部品の成形について考えてみました】ヘッダーにより切削から冷間圧造+転造へねじブランクの製造方法が発展し生産性が飛躍的に高まりました。現在はシンプルなねじ類だけでなく、多段式パーツフォーマーを用いて自動車パーツやねじ付きの部品を生産するようになっています。

ページ上部へ戻る