日新精機株式会社の沿革

1973年 2月1日 中村敞が埼玉県草加市松江町にて創業
1973年10月 現在地に本社を移転
1974年 2月 資本金を1,000万円に増資
1978年 7月 資本金を1,500万円に増資
1985年11月 本社及び第二工場を建設拡張し、設備を強化する
1989年 3月 第三工場を建設、生産設備の増強を計る
2005年12月 本社社屋を増改築。ワイヤー放電加工機、型彫り放電加工機を増設
2006年 7月 資本金を3,000万円に増資
2010年 6月 中村稔が代表取締役社長に就任
2011年 8月 NC旋盤導入 オークマ LB3000
2011年 9月 5軸対応CAM導入(C&Gシステムズ CAM-TOOL)
2011年10月 複合型NC旋盤導入(オークマ MULTUS-B200)
2012年 1月 自社製業務管理データベース構築(FileMaker)
2014年 8月 精密マシニングセンター導入(三菱重工社 μV1)
2014年 9月 NC旋盤導入(オークマ LB3000EXⅡ)
2015年 4月 非接触式3次元測定器導入(OGP VANTAGE300)
2015年 5月 ISO9001認証取得、砥粒流動研磨機導入(DMC DMS-80)
2015年 9月 複合型NC旋盤導入(オークマ MULTUS-B300W)
2016年 5月 型彫り放電加工機導入(AgieCharmilles FORM200RTC)
2016年 12月 ワイヤーカット放電加工機導入(AgieCharmilles CUT300mS)
2017年 11月 同時5軸マシニングセンター導入(Mikron HSM200ULP)
2018年 12月 汎用旋盤導入(台湾製 SWH430×760)
2019年 12月 鏡面ショットマシン導入(東洋研磨材工業 SMAP Ⅱ F型)
2019年 1月 型彫リ放電加工機導入(AgieCharmilles FORM P350RTC)
2021年 5月 NC旋盤導入(オークマ GENOS L250 Ⅱ)
2021年 6月 形状測定機導入(ミツトヨ S4C300)